NY201705YuiHayashi

10pic.gif
GALLERY KOGURE NEW YORK

Yui Hayashi Solo Exhibition

"night terror"

2017.5.5(Fri)- 6.10 (Sat.)

10pic.gif
201705YuiHayashi_web1.jpg
white plastic
2017 / oil on canvas / 41.0×31.8 cm
10pic.gif

■Date
May. 5 [Fri] - Jun. 10 [Sat.], 2017

■Open
11:00-18:00 or by appointment
Closed on Sun and Mon

★Opening Reception
May. 5 [Fri] 18:00-20:00

■会期
2017年5月5日(金)- 6月10日(土)

■時間
11:00-18:00 または 予約制
日月 休廊

★オープニングレセプション
5月5日(金) 18:00-20:00

10pic.gif
GALLERY KOGURE NEW YORK is pleased to announce solo exhibition of Yui hayashi.

Inspired by water from her debut, Yui Hayashi had started drawing from images around water at her beginning to the motifs of an ocean and aquatic life, but she came to draw motifs carrying "humidity" afterwards, which were changed to bathroom, shower room, wet hair, animal's mouth and others. After the mid-2010, her expression of Medium carrying "humidity", which is not to draw something specific but turns into the effect to exert noise on the work, is shown boldly on the picture.

Loose lines and rough touches coexisting in her paintings based on realism remind us the bugs sneaking into the repeatability in the digital era. A feeling of wrongness depicted with a sense of digital era is recognized visually as a clear rent by being expressed with an analog painting.

Today, she mainly paints a casual moment in her daily life by cutting out from various viewpoints. Among them, bugs lurking in time or feeling which continues like a matter of course in the passage of daily life are depicted, which can be felt like the entrance to the parallel world that we doubt various concepts in this given world and can escape, and expresses freshness symbolizing her characteristic.



"To me, painting is largely related to overcoming toward the awareness of 'time'. Time is not something constant, but may be like the painful reluctance of the God or something like a jelly sinking into my feet secretly.
A scene constantly changes to another in the midst of incomprehension, a body gets old and clothing is worn out.

When I am painting, sometimes I go where time can't see only for a moment.
Permanency that suddenly comes in everyday life is the singular point of time which stopped to pass toward death, and it is my purpose to jump into the gap."

(Yui Hayashi)
10pic.gif

10pic.gif
GALLERY KOGURE NEW YORKでは、林祐衣個展を開催いたします。

林祐衣は、デビュー当時から水に導かれ、初期は水のあるイメージから始まり、海や水生生物がモチーフに見られましたが、その後は「湿度」を感じさせるモチーフを描くようになった。洗面所、シャワールーム、濡れた髪、動物の口腔などに変遷しました。2010年代の半ば以降、湿度を感じさせるメディウムの表現は、具体的な何かを描くのではなく、作品にノイズを及ぼす効果となって大胆に画面に現れています。

リアリズムをベースにした絵画に共存するルーズな線や、粗いタッチは、デジタル時代の再現性に忍び込むバグを思い起こさせます。デジタル時代の感覚で描かれた違和感は、アナログな絵画で表現されることによって、明確な綻びとなって視認されます。

現在は、主に日常生活のなかで訪れるふとした瞬間を多様な視点で切り取って描いています。そのなかには日常という流れの中で、あたりまえのように連続する時間や感覚に潜むバグが描かれています。それは、与えられた現世のさまざまな概念を疑い、逃れることのできるパラレルワールドの入り口のようにも感じられ、林らしいみずみずしさを湛えています。



「私にとって、絵を描くことは"時間"の意識への克服に大きく関わっている。
 時間というものは一定ではなく、神様の後ろ髪のようなものだったり、足もとにこそこそと染みこんでくるゼリー状のものかもしれない。
 わけがわからないうちに場面は移り変わり、体が老いて着ているものは擦り減っている。

 絵を描いていると、一瞬だけ時間の目の届かないところにいくことがある。
 日常に突如訪れる永遠性は、死に向かって流れることをやめた時間の特異点であり、その隙間に飛び込むことこそが目的である。」

(林祐衣)
10pic.gif

10pic.gif
201705YuiHayashi_web2.jpg
unnitled
2017 / oil on canvas / 45.5×38.0 cm
10pic.gif